iPhoneの自己修理は危険?失敗する恐れも・・・

iPhoneが故障してしまった場合どうしますか?自分で修理をしようとする方もいらっしゃるのではないでしょうか?自己修理は危険が伴います。 - iPhoneの自己修理は危険?失敗する恐れも・・・

更新情報

アーカイブ

iPhone修理ならこちらのサイトがおすすめです

iPhoneの自己修理は危険?失敗する恐れも・・・

bgfteht
皆さんはどのレベルに達すると、iPhoneが壊れた!感じるのでしょうか。フロントパネルが割れていても、使い続けている人が少なくないですね。iPhone修理を自力で試そうとする人もいるようです。しかし自己修理は危険では。失敗する恐れもありそうです。
とはいえある程度の目安や応急処置法を知っておけば安心ですね。それからアップルストアへの予約を考えても、遅くはなさそうです。

どこまで自分で直せるか

基本的なこととして、どこまで自分で直せるのでしょうか。まずは誤設定をなくしましょう。慣れてくればありえないかもしれません。とはいえ何かの弾みでタッチパネルを触ってしまうこともあります。
ありがちなのは汚れです。ホコリがジャックなどに詰まっていませんか。それだけでもエラー表示されることがあります。修理に出して、汚れです!恥ずかしいですよ。
ちなみにバグや初期不良も稀ではないようです。おかしいと思ったら、アップルのサイトをチェックしてみましょう。またネットの口コミなども参考になります。

修理キットは使えるのか

reara
腕に自信があれば、修理キットを使って自己修理を試してみたいかもしれませんね。パソコンを分解したりプラモデルを作った経験があれば、チャレンジしてもよいでしょう。しかしまったくの素人であれば、甘い言葉に乗ってはいけません。
iPhoneは小さいですね。ということは部品も小さいです。ネジひとつでもなくしたらアウトです。やるならば真剣に、広くて清潔な作業スペースを作りましょう。
失敗するリスクとしてありがちなのは、静電気です。バチッときたら終わりです。精密機器を分解する前には、濡れタオルに触れたり水道管を握る!放電を確認しましょう。

落とした場合はどうするか

壊れにくくはなりましたが、限界はあります。落としてしまったらどうするか。電源が切れていたら、まずはオンしてみましょう。それで回復することが多いでしょう。しかし後遺症が残ることもあります。一度アップルストアでチェックしてもらいましょう。
起動しない場合はどうするか。何回かオンオフを繰り返す、軽く叩く、タッチパネルを押してみる、振ってみる!何らかの衝撃によって復帰することもあります。とはいえ無理は禁物です。1日置いて状況が変わらなければ、修理店へ行きましょう。

水没させたらどうするか

水没もありがちですね。トイレに落としましたか。流しも鬼門です。とはいえお風呂の湿気も大敵ですよ。さらにゲリラ豪雨で濡れた!同じことです。
濡れてしまったら、水気をまず完全に取り除きましょう。電源を入れてはいけません。濡れた状態でオンしたら、まず助かりません。
1日以上風通しの良い場所で乾燥させましょう。ビニール袋に乾燥剤と一緒に入れておく!そんな方法もあります。ネット情報でありますが、慣れない人にドライヤーは危険です。

応急処置法を知っておこう

直ぐに修理店へ持参すべきですが、夜中など行けないことも多いですね。そんな際には応急処置法を知っておきましょう。
フロントパネルが割れた場合は、セロテープなどを貼りましょう。小さな傷でも、ホコリが入ると大変です。
ホームボタンの利きが悪くなった時は、設定を変えてソフト的に機能を回復させることができます。
充電器のケーブルも壊れやすいですね。アップルの罠!そんな批判もあります。もちろんテープで応急処置できます。なおボールペンにあるバネを使うと補強できるとか。試してみる価値はありそうです。

自己修理は危険ですよ

中途半端な自己修理は危険ですよ。失敗する恐れの方が大きいでしょうか。100%以上の自信、もしくは壊れる覚悟があるならば、話は別です。後悔しないように、自己責任です。
なお人間と同じです。適切な応急処置があれば、軽症で済むこともありますよ。
iPhone修理【ホームボタン・電池ボタン修理】

Copyright(C)2016 iPhoneの自己修理は危険?失敗する恐れも・・・ All Rights Reserved.